資金運用にもってっこいのFX

お金というのは、放っておいても増えるものではありません。たとえば銀行口座にいくら現金があるとしても、そのまま普通口座に入れっぱなしにしてある状態では、増えてくれません。むしろインフレなどがあれば価値としては目減りすることもあります。

したがって、ある程度のまとまった金額が手元で遊んでいるのなら、投資という形でお金そのものを働かせた方がいいかもしれません。世の中のお金持ちという人は、自分のお金を遊ばせておかないんです。手元のお金も上手にまわして利益を得るシステムを作っているから、どんどん資産が増えていくんですね。

gwerwe高水準のサービスを提供していることで以前から人気があったFXブローカーのTradingPointがサービス名を変更し、サービス内容をさらに充実させて運営しているのがXEMarkets(XEマーケット)です。XEマーケットでは、世界標準の取引プラットフォームであるMetaTrader4を始めとして、全部で7つもの取引プラットフォームを用意しています。

他にはウェブ上で動作するWeb Trader、iPhoneやiPad、そしてアンドロイドなどのモバイルデバイスにはそれぞれの専用アプリ、そして上級者向けのMAMトレーダーがあります。MT4はMac用も用意している他、すべての取引プラットフォームは日本語対応していますので、問題はなにもありません。さらに日本人スタッフによるカスタマーサポートを受けることができるので、安心して取引に集中できます。
yerwerewiFOREXのサービスの魅力に、トレード初心者の方や、パソコンでの取引に自信がない方にたいへん安心な、電話相談サービスがあります。取引の方法や投資の仕方に疑問があれば、電話上で専門家からアドバイスを受けながら取引の判断をすることができるというものです。

反対に、FX経験の多いトレーダーの方にお勧めなのは、ダウンロード型のハイスぺック取引ツールです。このツールを使えば、取引手数料は無料、取扱い通貨ペアは60種類以上を誇る、超高機能の取引が実現します。取扱い通貨は、他社ではめったに取扱いがない、メキシコペソ、イスラエルシュケル、シンガポールドルなど超マイナー通貨も取り揃えていますので、さらにハイレベルなFX取引をされたい方にもたいへん満足いただける証券会社です。
hertPepperstoneでは、世界標準の取引ルーツであるMetaTrader4を用意しています。そしてそのMT4には、通常は備わっていない、独自の板情報付きワンクリックEAを搭載しています。独自の気配値表示機能も備えており、MT4の使い勝手をより向上させています。サーバーはオーストラリアに設置されており、日本からのアクセスでもレスポンスなどに問題はありません。

Pepperstoneでは他に、ダウンロードせずにWeb上で動作するウェブトレーダーに加え、iPhoneやiPad、アンドロイドなどのモバイル端末に対応しているので、いつでもどこでもの取引が可能です。高水準の取引条件に高レベルの取引環境が整った海外FXブローカーが、Pepperstoneであると言えるでしょう。
jbierweトレードラッシュは、近年頭角を現してきたキプロスのバイナリーオプション取引業者です。次々と日本市場に参入している海外のバイナリーオプション業者の中でも、高いペイアウト率を誇る優良なバイナリーオプションを提供しています。またバイナリーオプション対象指数も多く、最低預託金や最低投資額もかなり低く設定されているために非常に入りやすい業者です。

トレードラッシュで取引できるバイナリーオプションはいくつか種類あります。FXプライムやGMOクリック証券などでもお馴染みの、高いか安いかだけで判断する高/低(ハイロー)オプション。それと、一度でもその価格にタッチできればOKとやりやすいワンタッチオプション。自分で期限を決められるオプションビルダー、そしてたった1分間:60秒間で勝負がつく60セカンド取引などがあります。


というわけで、お金を働かそうと思った時に、選択肢のひとつとして考えていただきたいのがFXです。FXというのは、外貨を買ったり売ったりして利益をあげるように取引することです。正確には、「外国為替証拠金取引」といいます。最近はじめたひとがとてもおおい投資法ですので、メリットを簡単に見ていきましょう。

まず一番大きなメリットは、「証拠金取引」というシステムにあります。FXの場合は証拠金というごく少額の資金で、多額の取引ができるのがほかの為替取引とちがうところです。もしも通常の為替取引をおこなおうとしたら、1万アメリカドルを買おうとしたら100万円の資金(1アメリカドル=100円の場合)が要りますね。それが外国為替証拠金取引となったら各FX会社によって違いますが、ほとんどの場合10万円以下の証拠金で取引ができるのです。証拠金(=自己資金)が少ないからといって、為替から受ける差益は何も変わりません。ここがFXのすごいところです。手持ちの初期資金がすくなくても、大きな利益が見込める計算になります。ですから、これから外国為替取引を始めてみようと思う人は、FXから入ってもいいかもしれませんよ。

また売買にともなう手数料が安いというのも、初心者にとってはありがたい話です。FXでは為替の変動に伴って1日に複数回の取引をするのが普通ですから、そのたびに手数料がかかっていては場合によっては利益分がなくなってしまうこともあり得ます。取引手数料はFX会社ごとに細かく決まっていますから、取引会社を決めるときには、手数料についても細かくチェックするのをおススメします。

さらに、FXは基本的に24時間取引ができる(土日などを除く)のがメリットです。これは外国為替の市場が日本に限定されないからで、シドニー→東京→ロンドン→ニューヨークへとどんどん市場が移っていくからなんです。したがって、夜間に集中して取引をしたいなどという人でもリアルタイムの市場に参入できるんですね。

もちろんどんな投資にもリスクはあります。FXは少額資金の投資でハイリターンを狙えるだけに、失敗した時はハイリスクを負うことになります。市場での失敗はあくまでも自己責任です。それをふまえて、取引をしましょう。

私はアメリカ在住なのですが、教職員との兼業はこちらでは当たり前に行われています。

その理由として、公立の教職員の給与が安いことも影響していると思いますが、それ以外にも教職員は勤務時間が終われば普通の人で別の生活があるという考えがとても強いからだと考えられます。
私の子供達が通っている学校の先生では、塾の経営や家庭教師、ミュージシャン、ダンサー、漫画家などを兼業している教師達がいます。そのことで子供達により尊敬されている先生も多いように思えます。

例えば、塾を経営している先生は、学校が終わるとミニバスで両親が共働きの子供達を自分の塾まで運転して連れて行き、おやつを食べさせ、宿題を手伝い、他の勉強が必要な子供達の面倒を親が迎えに来るまで見てくれます。共働きの親にとって、学校から直接塾へ連れて行ってくれるのは助かるし、ただのベビーシッターに預けるよりもずっと安心もでき、勉強も進むので頼りになる存在のようです。預けられる子供達にとっても親にとっても、学校で毎日にように会っているよく知っている先生なので、安心できるのでとても良いと思います。

家庭教師をしている先生は、生徒の家や図書館で学校の宿題の手伝い、授業で足りない部分を学校のやり方にそってやってくれます。学校のやり方を知っている先生に教われるので、子供達も混乱することなく勉強を進めることができます。塾を経営している先生同様、親子共々よく知っている先生は安心できる存在なので良いと思います。

ミュージシャンやダンサー、漫画家の先生は、授業の合間に兼業の仕事の話をしてくれ、別世界の話に興味を持った子供達はその話を楽しそうに学校から戻ると話してくれます。たまにラップやダンスを披露してくれることもあるようです。先生が、ただ学校の先生だけをしていないことで、子供達はより先生自身に興味を持ち、普段の授業もより楽しいものと感じるようです。

先生にとっても自分がミュージシャンやダンサーとしての別の面を持っていることを子供達や親に知ってもらうことができるので、どちらにとってもいい影響を及ぼしていると思います。先生のユーチューブのチャンネルを見た感想を学校の休み時間に話したりもしているようです。

私は教師が教師としての仕事をきちんとしているのであれば、兼業をしていることは素晴らしいことだと思います。先生自身にも教わっている子供達にもいい影響を与え合えるんではないかと思えるからです。教師の方々が堂々と兼業できる日が来れば、より良い先生が増えていくように私は思います。

スキャルピングという方法

FXの取引をしていますが、短時間で決済をするスキャルピングという方法で取引をしています。

ポジションを持ったらすぐに、指値と逆指値を入れておく事が多いです。

中々指値にかからず時間がたってしまう場合は、少しの利益でも決済してポジションをとり直すようにしています。

取引をする時間帯を決めて、あまりダラダラと取引をする事がないように気をつけています。

逆指値に続けてかかった場合は、その日の取引はやめるようにして、損失を大きくしないようにしています。