FXの投資手法

gwerwe FXは通貨を銘柄としているために、外国為替市場の通貨為替のレートがその投資取引の要因となっており、主にこの為替相場の変動を利用して取り引きを行っています。
相場の変動は千差万別であるために、投資家はさまざまな分析や予測などを用いて利益を得るために取り引きをしていくのですが、そういったものの中に、相場の変動を見ながら実際に売買を進めていく投資手法があります。

投資手法は相場の流れや状況、その手法を用いる投資家の性格や信念などにより、様々なものが用いられていますが、代表的な物の中に「リフレクティング」と「ピラミッディング」という手法があり、多くの投資家がその取引手法を実際に行っています。

「リフレクティング」は、レートが一方向に強く動いていくトレンド相場に適した取引手法になります。
こうした相場状況は、利益を取り込むのに最適な状態ではあるのですが、いつ反動を起こして逆に動いていくのか分からないという危険性があります。
リフレクティングでは、このような状況下でしっかりとリスクの管理、つまり、急な相場反動に対しての対策を講じながら、引き続き利益を掴んでいこうという手法になります。

具体的な方法としては、新規注文を立てて通貨を保持している状態、いわゆるポジションを持っている状態からの決済注文に用いるものになるのですが、ポジションに対して相場変動による含み益が出ている時に、その利益を一度確定してしまい、その直後にそれ場でのポジションの半分で新たに発注を行います。そうして新しいポジションにまた含み益が出たら、それを決済して、また半分のポジションで発注をたてる、という事を繰り返して行っていくのです。

例えば1ドル100円のドルを100ドル買ったとします。レートが動き110円になった時に、一度注文を決済し利益を確定させて注文を解消します。その直後に今度はこの1ドル110円のドルを50ドル買って新しい注文を立て、これが120円になったらまた決済をして利益を確保、その後にまた25ドル分の買い注文を立てる、という形になります。

こうすることにより、これから伸びていくかもしれないレートに対しての投資を行いつつ、急な反動に対して含み損の発生のリスクを抑えるために、その都度で利益を取り込んでいくのです。

これに対して、より積極的に利益を大きく取っていこうという投資手法が「ピラミッディング」になります。
これもリフレクティングと同じように、トレンド相場に対して用いる手法で、伸びていく相場に対して利益を強く求めて行きつつ、万が一の場合の損失をできるだけ対応ができるようにしておこうという投資手法です。

具体的な方法としては、まず新規注文でポジションを持ち、それが上昇していったら、新規注文の半分のポジションを買い足していきます。さらに通貨が上昇したら、先ほど買い足したポジションの半分を買い足していく、というもので、買い足していく量が先に進むにつれてどんどんと小さくなり、それがピラミッドに似ていることからこの名がついているのです。

例えば先と同じように1ドル100円のドルを100ドル分買い、これが110円になったら50ドル分を買い増しし、120円になったら更に25ドル分を買い増ししていきます。

これにより、上昇していくレートに対してより大きな利益を取ることができつつ、レートが上がっていく事によって、その反動で下がっていく確率もどんどんと増えていく事に対する対策として、買い増しをするポジションを小さくしていくのです。

FXの投資取引は、時間も場所も選ばないために、気軽に行うことができますが、逆に言えば、そうした自由度の高さゆえに、しっかりとした知識や分析を行っていかない事には、簡単に利益を得ることはできません。こうした投資手法を学んでいくことも、経験と知識を増やしていくには大切なことになりますので、研究を重ねてみるのも良いでしょう。




スキャルピングという方法

FXの取引をしていますが、短時間で決済をするスキャルピングという方法で取引をしています。

ポジションを持ったらすぐに、指値と逆指値を入れておく事が多いです。

中々指値にかからず時間がたってしまう場合は、少しの利益でも決済してポジションをとり直すようにしています。

取引をする時間帯を決めて、あまりダラダラと取引をする事がないように気をつけています。

逆指値に続けてかかった場合は、その日の取引はやめるようにして、損失を大きくしないようにしています。